銘柄別取引所

BCD(ビットコインダイヤモンド)はビットフライヤーで買えますか?

投稿日:

「ビットコインダイヤモンドはbitFlyer(ビットフライヤー)で購入できますか?」について回答している記事です。

■ビットコインダイヤモンドとは?

ビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond)はビットコインのハードフォークによって派生した仮想通貨で、ビットコインの問題を解決するために開発され、ビットコインでは1MBだったブロックの容量が8MBに改良されています。このため、処理速度の高速化が図られ、ビットコインの5倍のスピードで処理が可能とされています。
総発行量は2億1千万枚とビットコインのおよそ10倍となっています。
また、ビットコイン同様、SegWitにも対応しています。SegWitとは、スケーラビリティ問題に対応するため、一連の情報において分割できないものである、トランザクション中でデータサイズの大きい署名データを新たな領域に移動させることにより、実質的にブロックサイズを増加させる仕組みをいいます。
通貨略号はBCDで、中国のBinanceで購入することができます。

■bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインダイヤモンドは購入できる??

では、ビットコインダイヤモンドは、仮想通貨取引所の「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入することは出来るのでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)での取り扱いに解説します。

・bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインダイヤモンドの購入は出来ない

ビットフライヤーで、ビットコインダイヤモンドを購入することは出来ません。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、ビットコインダイヤモンドの販売所や取引所を設けておらず、ビットコインダイヤモンドを取り扱っていません。
(2018年3月現在)

よって、ビットコインダイヤモンドを購入したい場合は、bitFlyer(ビットフライヤー)ではなく、

ビットコインダイヤモンドが上場している取引所を利用する必要があります。

・bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い銘柄

ビットコインダイヤモンドの取り扱いのないbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、

現時点で取り扱っている銘柄は下記になります。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)

※2018年3月現在

■ビットコインダイヤモンドを購入できる取引所は?

では、bitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱いのないビットコインダイヤモンドですが、

ビットコインダイヤモンドを扱っている取引所(販売所)はどこになるのでしょうか。

・ビットコインダイヤモンド取り扱い取引所

■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【公式アプリあり

サイトURL:https://www.binance.com/


■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【日本語対応

サイトURL:https://www.kucoin.com/


2018年3月現在、ビットコインダイヤモンドを扱っているのは上記の「海外取引所」になります。

・海外取引所でビットコインダイヤモンドを購入する

ビットコインダイヤモンドを海外取引所で購入する場合、「円」では買えません。

基本的にビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)での購入になるので、

またBTCかETHを持っていない方は、bitFlyer(ビットフライヤー)等の「国内取引所」で、

BTCかETHを購入しておきましょう。

【おすすめ国内仮想通貨取引所】

ビットフライヤー

ザイフ

DMMビットコイン

ビットバンク

■ビットコインダイヤモンドの現在価格とチャート

・ビットコインダイヤモンドの現在価格

・ビットコインダイヤモンドのチャート

■ビットコインダイヤモンド基本情報

通貨名 ビットコインダイヤモンド/Bitcoin Diamond
通貨単位 BCD
公開日 2017年11月24日
発行上限枚数 210,000,000 BCD
公式サイト http://btcd.io/
ホワイトペーパー 0

-銘柄別取引所

Copyright© 仮想通貨の世界 , 2018 All Rights Reserved.